Profile

軽井沢ハロウィンとは

2013-11-02 17-26-30 - バージョン 2.jpg軽井沢ハロウィンは、昨年(2013年)から始まった、軽井沢にもう一つの季節の風物詩を生み出そうという催しです。これまで個別にやってきたハロウィンのイベントを「大きな輪として地域を越えてやったらどうか」という考えから生まれました。

昨年は、旧軽井沢〜プリンスショッピングプラザ〜ピッキオ〜タリアセンなどを結んで実験的に「より大きな括りのハロウィン=軽井沢ハロウィン」として開催しました。

今年は、その本格的な展開を始める年として、さらに多くの施設や地域の協力をいただき今後10年の継続発展を目指して「軽井沢ハロウィン2014」を開催します。

軽井沢ハロウィンの仕組み

2013-10-12 08-12-48 - バージョン 2.jpg軽井沢ハロウィンは、賛同いただける店舗のボランティアマインドによる参加で成り立っています。ここでいう、ボランティアマインドとは「軽井沢で暮らす方々」「軽井沢を訪れて親しむ方々」に、より素敵な軽井沢という街のおもてなしに触れていただきたいという気持ちです。


主催

軽井沢ハロウィン2014実行委員会

後援

軽井沢町、軽井沢町観光協会、軽井沢町商工会、軽井沢町青年会議所
軽井沢町教育委員会、軽井沢新聞社、軽井沢ニュース舎、FM軽井沢、(以上予定)

協力

軽井沢交通バス、軽井沢ぐるっとバル実行委員会、ホテル音羽ノ森、軽井沢・プリンス ショッピングプラザ、ピッキオ、ハルニレテラス、軽井沢ニューアートミュージアム、軽井沢絵本の森美術館、つるや旅館、軽井沢タリアセン、モトテカコーヒー、F.O.Gダイナー、ケーキブティックピータース、サトウシューズスタジオ(他30社程度を予定)

協賛

協賛店舗各社(150店舗予定)

参加者

限定300組(100名のユニット3組、親子600名~想定)
※ユニット別にプログラムを作成し配布します。

運営主幹

チャーチストリート軽井沢・軽井澤銀座商店会

連携企画

軽井沢もみじ祭り、軽井沢タリアセン・ハロウィン、はぶかるテラス・ハロウィン、ぐるっとバル軽井沢、軽井沢リゾートマラソン
※本催事は、長野県 地域発 元気づくり支援金の活用事業

付帯企画

●旧軽井沢ハロウィン写真コンテスト(主催 軽井澤銀座商店会)
●ハロウィンBUSの巡回運行
●カボチャカービング教室